おいしい紅茶の入れ方5つのコツ

札幌紅茶専門店ディコヤティーマスター直伝!

おいしい紅茶の入れ方5つのコツ!

自宅でプロの味を!

1.新鮮な茶葉を使いましょう。

  保存は常温です。

紅茶は農産物ですから、摘みたて、できたてが特においしいのです。

常温で保存して、紅茶の風味を保っている

1〜2ヶ月で飲みきってしまいましょう

冷蔵庫や冷凍庫での保存は、

湿気や他の食材の匂いがあり、

紅茶には向きませんからご注意ください。

2.ティーポットを温める

  ジャンピングをさせましょう!

ティーーポットの中で茶葉が浮き沈みをする

ジャンピング」がするかしないか、

これがおいしさの分かれ道です。

そのジャンピングには、熱が欠かせません

冬の朝など、普段よりティーポットが冷たい

場合は、特に気を配りましょう。

3.茶葉の量を量る。

  人数分+1杯が目安です。

ティースプーンを使い、「人数分+1杯」が目安です。

1人分はティースプーン2杯で、

お湯の量は350cc(ティーカップで約2・5杯分)

2人分はティースプーン3杯で、

お湯の量は700cc(ティーカップで約5杯分)

ティースプーンの大きさで茶葉の量は変わりますから、

さじ加減でご自分の好みの量を見つけてください。

4.汲みたての水道水を使いましょう。

  95℃〜98℃が目安です。

くみたての水道水を95〜98℃まで温めて、

30cmほどの高さからティーポットへ一気に注ぎます

この高さが、「ジャンピング」を生み出します。

5.正確に蒸らす。茶葉の大きさにより

  3〜5分蒸らします

蒸らしている間にジャンピングが起こり、

それによって紅茶の三大要素である、

色・香り・味がじゅうぶんに引き出されます

蒸らし時間は、茶葉の大きさによって違います。

2〜3oの小さな茶葉は、約3〜4分蒸らします。

(スリランカ産紅茶に多い大きさです。)


 

10oの大きな茶葉は、約5〜6分蒸らします。

(インドや中国の紅茶に多い大きさです。)


 

1杯目は、香りを楽しみ(うっとりし)、

2杯目は、色と味を堪能し、

3杯目は、最後の一滴までティーカップに注ぎます。

もし、ぬるかったり、渋かったりしたら、お湯やミルクで

調整して、最後まで味わいます

 

 

 
 スリランカより4ヶ月毎の新鮮紅茶の販売!
ディンブラ通販ルフナ通販 ウバ通販
ディンブラ150.jpg
ルフナ150.jpg
ウバ150.jpg
ヌワラエリア通販 キャンディ通販 ジェームステイラーズティー通販
ヌワラエリア150.jpg
キャンディ150.jpg
ジェームステイラーズティー150.jpg