紅茶産地の茶園の広さと収穫時期(比較に札幌ドーム♪)

代表的な紅茶産地の茶園の広さと収穫時期について
調べてみました。

広さの単位は、ha(ヘクタール)です。
茶園の広さの()内は、札幌ドーム分です♪

 

「札幌ドーム何個分」で換算したら、想像しやすいかなと
思ったのですが、12万6666個分(アッサム)なんて、
かえって、想像できませんでした(笑)

インド・ダージリン

茶園の広さ 約2万ha(約1万3333個)
収穫時期 3月初旬〜4・5月。5〜6月
     8〜9月、10〜11月

インド・アッサム

茶園の広さ 約19万ha(約12万6666個)
収穫時期  2〜11月

インド・ニルギリ

茶園の広さ 約3万5000ha(約2万3333個)
収穫時期 通年

スリランカ・ウバ

茶園の広さ 約3万5000ha(約2万3333個)
収穫時期 通年

スリランカ・ヌワラエリア

茶園の広さ 約6万ha(約4万個)
収穫時期 通年

スリランカ・ディンブラ

茶園の広さ 約4万ha(約2万6666個)
収穫時期 通年

スリランカ・キャンディ

茶園の広さ 約2万8000ha(約1万8666個)
収穫時期 通年

スリランカ・ルフナ

茶園の広さ 約4万1000ha(約2万7333個)
収穫時期 通年

中国・キーマン

茶園の広さ 約9300ha(約6,200個)
収穫時期 3〜9月

ジャワ・ジャワ

茶園の広さ 約2万7000ha(約1万8000個)
収穫時期 通年
※ジャワは、北海道の約1.5倍の面積に
人口1億2000万人以上住む、人口密度世界一とのこと。

とあったので、インターネットで調べてみたら、
一概に言えないようです。

ケニア・ケニア

茶園の広さ 約11万ha(約7万3333個)
収穫時期 通年

最後に一言感想

●札幌ドームの(クローズド)アリーナ部分、
約1・5haで計算しています。

 

以下は、札幌ドームHPより抜粋致しました。

面積

敷地面積:305,230m2
建築面積:55,168m2
延床面積:98,226.21m2
アリーナ面積:
クローズドアリーナ 14,460m2
オープンアリーナ  18,800m2
インターセクション 3,319m2

http://www.sapporo-dome.co.jp/dome/index.html

 

●人口密度の件
調べ方によって違うようです。
あまりに国土面積に違いがあれば、同じ土俵で比べても
それほど意味がないようです。
また、調べた時期によっても違います。

 

しかし、一応、念のため。
・ジャワ島の首都・ジャカルタ900人/Ku
・日本平均 340人/Ku
・北海道 72人/Ku
・北海道の石狩支庁(札幌含む)648人/Ku
・故郷の秋田 103人/Ku


上記日本データは、2005年(平成17年)国勢調査より

 

※はっきり言って、
「札幌ドーム何個分」の計算は自信ありません♪
間違っていたら、やんわり教えてください。

 

茶園の広さ・収穫時期の参考文献
「紅茶の教科書」磯淵 猛 著 新星出版社

 
 スリランカより4ヶ月毎の新鮮紅茶の販売!
ディンブラ通販ルフナ通販 ウバ通販
ディンブラ150.jpg
ルフナ150.jpg
ウバ150.jpg
ヌワラエリア通販 キャンディ通販 ジェームステイラーズティー通販
ヌワラエリア150.jpg
キャンディ150.jpg
ジェームステイラーズティー150.jpg