素晴らしい本の紹介ジョージ・オーウェル「一杯のおいしい紅茶」

ジョージ・オーウェル 「一杯のおいしい紅茶」
小野寺健 編訳

 

紅茶の書籍に出てくるイギリスの作家です。
残念ながら、僕は、詳しいことは知りませんが、
このたび、「有名」なエッセイを読んでみました。

以下、ご参考までに、全文です。


しかし、ブログの体裁上、改行を施しましたので、
あらかじめご了承ください。

完全な紅茶のいれかたについて

手近な料理の本を開いて「紅茶」の項目を探しても、まず見つからないだろう。
たとえ2〜3行かんたんなことは書いてあっても、いちばん大事ないくつか

の点では何の参考にもならないのが関の山なのだ。


これは妙な話である。


何しろ紅茶といえば、アイルランド、オーストリア、ニュージーランドまで

ふくめて、この国の文明をささえる大黒柱の1つであるばかりか、
その正しいいれかたは大議論の種なのだから。

 


完全な紅茶のいれかたについては、わたし自身の処方を

ざっと考えただけでも、すくなくとも11項目は譲れない点がある。

そのうちの2点には、大方の賛同を得られるだろうが、
すくなくとも4点は激論の種になるだろう。


 

以下に11項目、どれをとってもわたしが
ぜったい譲れないものを列挙する。

まず第一に、インド産かセイロン産の葉を

まず第一に、インド産セイロン産の葉を使用することが肝心である。

中国産にも、いまのように物のない時代にはバカにできない長所はある。

経済的だし、ミルクなしでも飲めるから。


しかし、これは刺激にとぼしい。
飲んだからといって、頭がよくなったとか、元気が出た、人生が明るく

なったという気分にはならない。

 


一杯のおいしい紅茶」というあの心安らぐ言葉を口にするとき、

だれもが考えているのは例外なくインド産の紅茶なのである。

第二に、紅茶は一度に大量にいれてはいけない。

第二に、紅茶は一度に大量にいれてはいけない。
つまり、ポットでいれることだ。

金属製の大きな紅茶沸かしでいれた紅茶はかならず不味いし、

軍隊の釜で沸かした紅茶となったら、油や石灰の臭いまでついてくれる。


ポットは陶磁器、つまり土でできたものでないとだめなのだ。


銀やブリタニア・メタル(スズ、アンチモニー、銅などによる、銀に似た合金)

製のポットでは不味くなるし、エナメルのポットはなおいけない。


ただし、不思議なことに、最近ではあまりお目にかからない白目

(スズが主体の鉛あんどの合金)のポットは意外にわるくない。

第三に、ポットはあらかじめ温めておくこと。

第三に、ポットはあらかじめ温めておくこと。


これにはよくやるようにお湯ですすぐよりも、ポットを暖炉の棚から

突き出ている台にのせて温めるのがいい。

第4に、紅茶は濃いことが肝心。

第4に、紅茶は濃いことが肝心。

1リットル強入るポットに縁すれすれまで入れるとしたら、茶さじ山盛り

6杯が適量だろう。

いまのような配給時代には毎日そんなまねはできないけれども、
1杯の濃い紅茶は20杯のうすい紅茶にまさるというのが、わたしの持論である。

 


ほんとうの紅茶好きは濃い紅茶が好きなだけでなく、年ごとにますます濃いのが

好きになっていくもので、この事実は、老齢年金受給者の配給量に割増が

あることでも証明されている。

第5に、葉はじかにポットにいれること。

第5に、葉はじかにポットにいれること。


ストレイナーを使ったり、モスリンの袋にいれたり、紅茶の葉を封じこめる

細工を弄してはいけない。


国によると、紅茶の葉には害があると思って、葉をつかまえるために

ポットの口の下に小さなバスケットをとりつけたりしているが、紅茶の葉は

かなり飲んでも害はないし、葉がポットのなかで動けるようにしておかないと、
よく出ない
のである。

第6は、ポットのほうを薬缶のそばへ持っていくべき

第6は、ポットのほうを薬缶のそばへ持っていくべきで、その逆ではだめだということ。

 

お湯は葉にぶつかる、まさにその瞬間にも沸騰していなければだめで、
となれば注いでいるあいだも下から炎があたっていなければいけないのだ。


そのお湯もはじめから沸かしたものでないと
だめと言う人もいるが、これは影響がないらしい。

第7は、紅茶ができたと、かきまわす

第7は、紅茶ができたと、かきまわすか、さらにいいのはポットをよく揺すって
葉が底におちつくまで待つことである。

第8は、ブレックファースト・カップ

第8は、ブレックファースト・カップ(日本のいわゆるモーニング・カップ)つまり
円筒形のカップを使い、浅くて平たい形のは使わないことである。


ブレックファースト・カップならたくさん入るし、平たいカップでは、まだ満足に

飲みはじめないうちに、かならず冷めてしまう

第9は、紅茶にいれるミルク

第9は、紅茶にいれるミルクから乳脂分をとりのぞくことである。


乳脂が多すぎると紅茶はきまってむかつくような味になる。

第10は、まず紅茶から注げと言うこと。

第10は、まず紅茶から注げと言うこと。

ここが最大の議論の1つである。

イギリスの家庭はどこでも、この点をめぐって二派にわかれると言ってもいいだろう。


ミルクが先だという派にも、なかなか強力な論拠はあるけれど、わたしの主張には、

反論の余地はないだろう。


つまり、紅茶を先に注いでおいて後からミルクを注ぎながらかきまわしていれば
その量を正確にかげんできるにの、逆の順序でやったのではついミルクを入れ

すぎるではないか。

最後に砂糖を入れてはいけない

つぎはいよいよ最後になるが、紅茶にはーロシア式ではないかぎり
砂糖を入れてはいけない。

この点は少数派であることくらい、充分承知している。


しかし、せっかくの紅茶に砂糖をなどいれて風味を損なってしまうようでは、
どうして紅茶好きを自称できよう。


それなら、塩や胡椒をいれても同じではないか。


紅茶はビール同様、苦いものときまっているのだ。


それを甘くしてしまったら、もう紅茶を味わっているのではなく、砂糖を

味わっているのにすぎない。

いっそ白湯に砂糖をとかして飲めばいいのである。


紅茶そのものが好きなわけではなく、ただ温まったり元気がでたりするから飲むので、
苦味を消すには砂糖がなければという人がいる。

こういう愚かな人には、ぜひ忠告したい。砂糖抜きで飲んでごらんなさい。
まあ、二週間くらい。

まず確実に、二度と砂糖でぶちこわす気にはなれなくなるから。

最後に

紅茶の飲み方をめぐる議論なら、まだまだつきないけれど、以上でも、

この問題がどれほど凝った複雑なものになっているかはわかるはず。


この他にもティー・ポットの周辺には不可解な社会的エチケットもあるし
(たとえば、なぜ受け皿で紅茶を飲んではいけないのか)、運勢を占うとか、

客の来る来ないを当てるとか、兎の餌になるとか、火傷の薬、カーペットの掃除用

といった、葉の副次的利用法についてもいくらでもかけるだろう。


ただ、ポットを温めておくとか、かならず沸騰しているお湯を使うといった細かい点

にだけは気をつけて、使い方さえ上手なら二オンスという乏しい配給量でもとれる

はずの、濃くておいしい20杯の紅茶だけはしぼりだしたいものである。


(『イヴイニング・スタンダード』1946年1月12日号)

ジョージ・オーウェル『一杯のおいしい紅茶』
小野寺健 編訳 朔北社 より抜粋。


ジョージ・オーウェル経歴本書裏表紙より

1903年インドに生まれる。
翌年、家族と帰国、イギリスで育つ。
21年イートン校卒業後、
27年までインド警察の警察官としてビルマで勤務。
33年からルポルタージュ『パリ・ロンドン放浪記』、
小説『ビルマの日々』『葉蘭をそよがせよ』
『牧師の娘』などを発表。
36年スペイン戦争に義勇兵として参加。
38年『カタロニア讃歌』発表。
第二次大戦中、BBC放送で働く。
また『トリビューン』誌の文芸部編集主任を勤める。
45年、小説『動物農場』を出版、世界的ベストセラーとなる。
46年、スコットランドのジェラ島に移り住み、
『1984年』を書く。
50年、肺結核のため死去。
本名エリック・ブレア

 
 スリランカより4ヶ月毎の新鮮紅茶の販売!
ディンブラ通販ルフナ通販 ウバ通販
ディンブラ150.jpg
ルフナ150.jpg
ウバ150.jpg
ヌワラエリア通販 キャンディ通販 ジェームステイラーズティー通販
ヌワラエリア150.jpg
キャンディ150.jpg
ジェームステイラーズティー150.jpg